スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限定版とは何とも無慈悲な

 早速買っちゃいました(^^)。空自ファンなら無視するわけにはいか
ないでしょ(笑)。
 先日のホビーショーで発表されたF-104DJです。




 新規部品は胴体、キャノピー、前脚収納部分、コクピット関連で
単座と比べてみても違和感はありません。

IMGP0870.jpg


 もしかして、2000年に発売になったときには既に金型が出来て
いてリリースの機会を待っていたのでは?と変に勘繰っちゃいます。

IMGP0871.jpg


 そのほかの新規パーツですが、計器版をアップするとこんな感じ。

IMGP0873.jpg


 一番左が単座、残りは複座。複座の方はレーダーを搭載していないの
で当然スコープはありません。それと、F-104DJってベイルアウト
の際に後席→前席のシーケンスが出来ていなかったんですね。前席が
先にベイルアウトしても後席が大丈夫なように前後席の間にシールドが
あったので、今更ながら再確認。

 製作はF-1が一段落してからかな?。所属は203SQで、同じく
203SQの#613と一緒に並べます。何故、#613かって??。
 それは追々...(爆死)。

スポンサーサイト
コメント

なんだかなぁ~

 KWATさん ども!。いやぁ~こりゃないよ!!。なんで
DJが限定でTF-104Gが定番になるわけ??(怒)。
 両方組めるようにしてもらえると大変助かるのに...。
 ってオイラはDJしか作らないけどね(笑)。

どうせならコンパチにでもすればいいのに

 日の丸がつかない複座型は定番品・・・。
http://www.hasegawa-model.co.jp/e-w/NEWDETAIL/0604/PT40.html

 どーゆーことなのさ。日本市場は捨てたのか?>ハセガワ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。