スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰しもが通る道

 やってまいりました「よみがえる空」第4話。前回のミッションで
救難隊の厳しい現実に落ち込んだ主人公。5月の連休は引きこもって
いたら彼女がやってくる(高校時代の先輩後輩の関係かぁ)。
 「小松は何も無いから」と金沢へデートへ行くも(確かに小松は
何も無いといえば何も無いけど...。でも、旨い店は沢山あるぞ
)些細なことで彼女と喧嘩。
 けど、いろいろ鬱積した事を吐き出せて完全復調。気になったのは
別れ際の小松空港での場面。送迎デッキには簡単な柵だけがあるけれど、
今は更にフェンスがあるんですけど...いったい,何時頃の設定
なんだろ??(爆死)。
 終盤、デートを目撃された白拍子三曹のお蔭で?「おえん(岡山弁
で「駄目だよ」の意)」と言われ「このままレスキューネームになるの
かな?」と期待したけどお話はそこで終わり(笑)。

 次回は、今回ワンカットしか出なかった本郷三佐のカミナリが飛び交い
そうな内容ですね...。どうなることやら(笑)。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。