スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よみがえる空

 「どうでしょう」と一緒にまとめて1話と、先日の2話を拝見。
 漫画及びアニメは絵から入る人なので(どんなにストーリーが
良くても絵が下手だったら駄目!)絵からチェックすると...
可もなく不可もなく。今のところ「解剖学的に無理のある体型」
は無いようなので安心。
 航空機は全てCGによるものだが、UH-60はちょっと違和感
があるけど許容範囲内。でも、U-125やF-15は...
なんでしょうねぇ...。なんか、模型をそのままCGで取り込んで
動かしているみたいな...。

 ストーリーは今現在、戦闘機乗りを目指していた主人公だったが、
救難ヘリにまわされ傷心のまま?小松救難隊に赴任。持ってきたお土
産が「ういろう」だったため、メディックからは「気の利かないやつ」と言われ
(救難教育隊は小牧。小牧は名古屋の近く。名古屋といえば「ういろう」)
上官からは「ふてくされた中途半端なヤツ」と言われた初日。
 その夜半に起きた大地震で「見学」という名目で出動(鬼上官に挑発
?されるカタチで出動)し、実任務の厳しさを知る

 というところです。内容的に、普段余りスポットを浴びない空自の
救難隊を扱った作品だけに空自に関する知識がないと楽しみ辛いかも
しれないですね。私は楽しみにしてますけどね(^^)。

 で、影響を受けた馬鹿がこんなの買っちゃいました。フジミのだけ
ど、一部をハセガワに使用してJMCに出品しようかな??。


fujimi60j.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。