スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よーくかんがよーう


 此処立川ってプロ市民が沢山居るところだったんですねぇ...。
 気が付けば隣はプロ市民...。襲われないように注意しないと
ねぇ...。彼らから見れば私はモロに右翼ですから(^^;)。

-----------------引用----------------
東京都立川市の自衛隊官舎敷地内に無断で立ち入って反戦ビラを投函(とうかん)したとして住居侵入罪に問われ、一審・東京地裁八王子支部で無罪となった市民団体「立川自衛隊監視テント村」メンバー三人の控訴審判決公判が九日、東京高裁で開かれた。
 中川武隆裁判長は「表現の自由が尊重されるとしても、そのために他人の権利を侵害してよいことにはならない」として一審判決を破棄し、罰金二十万円-十万円の逆転有罪を言い渡した。
 練馬区職員、大洞俊之被告(48)とアルバイト、高田幸美被告(32)は罰金二十万円、会社役員、大西章寛被告(32)は罰金十万円。三人は判決を不服として上告した。
 中川裁判長は判決理由で、三被告の立川宿舎への立ち入り行為を「ビラによる政治的意見の表明が言論の自由で保障されるとしても、管理権者の意思に反して立ち入ってよいことにはならない」と判断。
 その上で「居住者からビラ投函は禁止だと抗議を受けていたにもかかわらず、目の届かないところで投函を繰り返したことを考えると、管理権者の法的侵害の程度が極めて軽微なものであったと判断した一審判決は是認できない」と述べ、刑事罰に処する程度の違法性があると認めた。
 一審判決では、「立ち入りは住居侵入罪の構成要件に該当するが、ビラ配布の目的は社会的常識の範囲内で、刑事責任を問えない」として無罪を言い渡し、検察側が控訴していた。
 控訴審で検察側は「政治表現は住居の平穏を害さない方法で行われるべきだ」と主張。弁護側は「ビラ配布は正当な表現活動で、起訴自体が公訴権の乱用」と反論していた。

----------------引用終了---------------

 今日のタイトルです(^^;)。よく考えましょうね(^^;)。サヨク・プロ
市民って「自分の思想及び行動は正しいので罪に問われない」と思っている
方が沢山居るようですね...。前々から「ビラ投函は禁止だ、止めてくれ」
と抗議を受けているのに何故そんなことをするのかねぇ?。小一時間問いつめ
たい(^^;)。更にタチの悪いことに目の届かないところで投函を繰り返した
とか...(--;)。事前に警告を受けているのに、その警告に逆らって居る訳
ですから有罪にされても仕方がないですな(--;)。
 にしても32歳でサヨクのダークサイドに囚われるとは...。何考えて
るんだか...(--;)。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。