スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家センセイはお差別がお好き

 今日で10月も終わり、明日からは11月。入間も築城も控えて
いるので体調管理は万全にしないと小松の二の舞になっちゃうぞ(爆死)。

 さて、気になる記事を拾ってきました。

***************引用***************
         石田衣良の白黒つけます!!


中国、韓国と仲良くした方がいい?しなくてもいい?
 ◇ふー、びっくりした

 この秋に2度、韓国に取材旅行にいった。日本と韓国を舞台にした恋愛小説を来年書くためだ。訪れたのは、ソウルとプサン。どちらの街も元気で勢いがある。それはたのしい取材旅行だった。ソウルは高層ビルの建築ラッシュで、プサンは国際映画祭の真っ最中。とても華やかだった。たべものはおいしいし、女の子はかわいい。男性は徴兵制のせいか、みなたくましくスーツがよく似あう。ついでにいえば、現地では誰に会っても、おかしな反日感情などなかった。

 うーん、今回は簡単だとぼくは思っていた。だって、中国と韓国はおとなりの国だものね。これからもずっとつきあっていかなければならないのだ。この質問のこたえなんて考えるまでもない。けれど、最近の東アジア情勢を、みんながどんなふうに感じているのか、それが探りたくてこのテーマにしたのだ。

 するとあらら、不思議。寄せられたのは厳しい反韓国・反中国のメールばかりだった。なぜなのかしらん? というわけで、今回は多数を占める「しなくていい」派からいってみよう。

 「近隣国と友好関係をつくるのは『望ましい』ことであって、『なすべき』ことではない」(住所不明・匿名さん)。「都合のよいときだけ、新時代にむけて新しい関係をといいながら、なにか起きると過去の清算だ、教科書問題だという国となぜつきあわなければならないのか?」(大阪市都島区・嫌人さん)。「隣国とは仲良くしたほうがいいに決まっているが、日本側から頭をさげてまで仲良くする必要はない」(海外在住・匿名さん)。「友情ごっこのような関係ならいらない。中国・韓国とは必要があれば協力し、なければ距離をおくくらいでちょうどいい」(北海道旭川市・優子さん)。

 ふー、びっくりした。でも、反対派の意見はほぼ一点に集中している。中国や韓国は反日だから、仲良くする必要はないというもの。それ、ほんとなのかなあ。賛成派のメールを読んでみよう。

 「3年ほど中国東北部で働いています。日本でおおきく報道されている『反日』は、こちらでは報道ほどひどくはありません。一般人のなかには、単なる反日よりも、冷静に日本との上手なつきあいかたを模索している人のほうが多いように感じます」(東京都世田谷区・モモトン)。「実家のまわりには在日韓国人が多く住んでいて、それがあたりまえでした。結婚して住んだ場所には中国人が多く、小学校の運動会では中国語のアナウンスがつくほど。どちらの国の人とも、近くにいることが自然。人間なんだから、仲良くしたほうがいいと考えるのが当然だと思います」(神戸市垂水区・匿名さん)。「当然、仲良くすべきです。隣国の中国や韓国と仲良くしないで、遠くの国とばかりの外交では、成功なんてありえないのでは?」(千葉市花見川区・匿名さん)。

 ぼくはつぎの10年間で、現在の日米関係と同じくらい日中関係・日韓関係は重要になると思う。すでに対中貿易は日本経済のおおきな柱のひとつなのだ。仲良くしなくていい、無視すればいいというのは一見強そうだし簡単だ。でもそうすれば、すぐとなりに住むたくさんの人たちがいなくなるのだろうか。

 今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。中国・韓国とは仲良くしたほうがいい。

 あたりまえの話だよね。メールをくれた「多数派」はあまり反日報道やネットの情報に踊らされないほうがいいのではないかな。では、最後にシンプルなメールをひとつ。

 「夢みたいなことだとはわかっているけど、中国・韓国というよりは、すべての国と仲良くなってくれたらいいなと思ってます」(東京都練馬区・匿名さん)。別に夢なんかじゃないよ。ぼくだって、ジョン・レノンだって、それにその他大勢の地球人がそう願っているのだから。

==============

 
 ◇投票結果

 <有効投票数>9010

 (男6284,女2726)

 ((1)はした方がいい、(2)はしなくてもいい

 <全体>

 (1)42.8%(2)57.2%

 <男女別>

男(1)33.6(2)66.4%

女(1)64.2%(2)35.8%

 <年齢、男女別>

10代以下男(1)12.4%(2)87.6%

10代以下女(1)60.4%(2)39.6%

20代男  (1)31.4%(2)68.6%

20代女  (1)64.4%(2)35.6%

30代男  (1)31.5%(2)68.5%

30代女  (1)66.1%(2)33.9%

40代男  (1)42.3%(2)57.7%

40代女  (1)64.8%(2)35.2%

50代男  (1)45.0%(2)55.0%

50代女  (1)60.5%(2)39.5%

60代男  (1)41.7%(2)58.3%

60代女  (1)54.1%(2)45.9%

70代以上男(1)45.9%(2)54.1%

70代以上女(1)29.0%(2)71.0%


**************引用終了**************
              引用先:MSN毎日インタラクティブ

 先に結論が用意されているわけですか??。まぁ、支那・朝鮮御用達
の毎日だから仕方が無いけど(笑)この石田衣良って作家センセイも
相当な御仁ですな(笑)。支那・朝鮮は国家ぐるみで「反日」をやって
いる事が判ってないのでしょうかねぇ??。国家方針として「反日」を
掲げている国なんかと仲良くする必要も無いし、しようとも思わない
そこに紹介された反対意見も至極真っ当なんですけどね。
 そもそも最初から答えが出来ているようなアンケートなんかやるもん
じゃないと思うけどね...(笑)。

 今回の件で、このブログでは 石田センセイ=サヨク・プロ市民
と認識されました(笑)。以後、このようなスタンスで行かせて頂きます(笑)。

続きを読む »

スポンサーサイト

当然の結果ですな!

 ハッキリ言って


亀田一家は大嫌いです


 見るのもおぞましいと言うか、下種なチンピラ一家の言動等
全てにおいて生理的に全く受け付けたくないし、受け付けない
存在です。
 その亀田一家が警備会社のALSOKに門前払いを食らった
そうです。

***************引用**************

亀田三男に「No」ALSOK、契約オファー門前払い
ダーティー印象がネック “ダイヤの原石”も未知数で

 欲しいのは“正義の味方”-。ボクシングの亀田三兄弟の三男の和毅が、警備サービスのALSOK(綜合警備保障)に非公式で契約を申し入れ、断られていたことが明らかになった。

 日本柔道界のエース、井上康生を筆頭に来年4月からはレスリングの伊調姉妹の妹・馨とも契約を結ぶなど、多くの実力派アスリートを擁するALSOKだが、「(ボクシングも亀田も)イメージと合わない」(同社)というのが理由だという。

 和毅は現在15歳の中学生。興毅、大毅の2人の兄をしのぐ亀田家の最終兵器といわれ、08年の北京五輪での活躍後にプロ転向という華々しい青写真もあるようだが、和毅が元オリンピック選手を相手に行ったスパーリングを見たある関係者はこれを真っ向から否定。

 「テクニック、ディフェンス、オフェンスもまだまだ。顔にも触れないし振り回すだけで、成長過程というよりボクシングは未知数」という。


 ライトフライ級やフライ級をめざしているが、身長も伸び盛りの成長期。骨や筋肉の組織に与えるダメージを考えると階級はそう簡単には決められるものではない。まして、減量ノウハウやコンディショニングのイロハなど一流ボクサーになるには身体を作る上での“職人技”が要求されるが、父の史郎さんもまだ勉強中。思惑通りにいくかどうか全くの未知数なのだ。

 原石状態の和毅サイドが持ちかけた今回の契約話。昨年12月から興毅、大毅がローソンと結んだ年間スポンサー契約の更新は決まっていないが、1億円以上のファイトマネーを稼いだ興毅は、パチンコの京楽産業とも個人スポンサー契約を結ぶなど亀田家が金銭的に困っている様子はない。

 12月には興毅にランダエタとの再戦が予定されているだけに、前出の関係者は、「もし負けたらという危機感もあるはず。その前に稼げるときに稼いでおこうということでは」と話している。

 世界でも金メダル級の柔道やアマチュアレスリングを支援するクリーンなイメージを持つALSOKに、今やすっかりダーティーヒーローになってしまった亀田家は門前払いされた格好だ。

*************引用終了***************
                 引用先:ZAKZAK


 至極当然でしょ。いままで出演してきたのは柔道やレスリングの
選手で試合も見ていて安心できる(笑)けど、亀田一家は親父は
ヤクザだし、息子達は勘違いしたチンピラで試合のほうもチンピラの
喧嘩にしか見えないもんねぇ~~。

 自宅兼ジムの警備はセコムに依頼しているのに、ALSOKに
出演契約を申し込むとは...


バカだ!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。