スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさか新手の??

 昨日の日記の続報みたいなもので...。

 支那国際体育旅遊公司に騙されたマックスエアサービスですが
実はこんなツアーをやっていたんですねぇ...。


 北朝鮮ツアーなんですが、書かれていることが何とも香ばしいというか
桃太郎侍が「許さんっ!」と怒りだすような説明なんですわ。

****************引用**************

国のあらまし]
古来、山紫水明の鮮やかな朝の国と称えられた朝鮮は、金日成主席と金正日書記のすぐれた指導のもと、独創的な方法で国づくりにはげんでいる。朝鮮式と言われる社会主義は、政治、経済、文化にいたるあらゆる分野で、その優秀性と生命力を余すことなく発揮している。
首都平常に空高くそびえるチュチェ思想塔とチョンリマ銅像は、まさに稜線民主主義人民共和国の偉大な変革のシンボルなのである。この偉大な変革は、たぐいまれな指導者金日成主席と金正日書記のもと、チュチェ思想に導かれた人民大衆の鉄の団結と、限りなき人民愛を基調とした革命的ロマンがあってはじめてなしえたものである。指導者と党、そして人民大衆が一致団結した社会主義は不滅であり、この不滅の社会主義祖国に朝鮮人民は、大いなる希望と幸福な未来を託している。



[国章と国旗]
■国章の赤い星と光は、共和国が受け継いだ栄えある革命伝統と祖国の統一独立とチュチェ偉業の勝利に向けて力ヅヨクゼンシンする朝鮮人の未来を象徴している。
水力発電所は強力な重工業を軸とする自立的な近代工業と労働者階級を、また稲穂はは発達した農業と農民を主張している。
北朝鮮紋章

■国旗の赤い星は、栄えある革命伝統を、太い赤字は朝鮮人民の不屈の闘志と気高い愛国心を象徴している。また白い円と細い白地は朝鮮民族が長い歴史と輝かしい文化を持つ単一民族であり、知恵深く勤勉かつ潔白であることを、上下の青地は世界の進歩的人民と団結してたたかう志向を主張している。


***************引用終了*************

 あぁ、頭が痛い...。ものすごく強力な電波を浴びているようだ!!。

 コレを見ると、マックスエアサービスって朝鮮人の経営する会社
って思えてくるなぁ...。

 まさかとは思うけど、支那と組んで巻き上げたチケット代を金正日
にそのまま献上しているんじゃなかろうか??。どうもそんな気がして
ならないんだよね...。

 コレが本当だとしたら...。

汚ぇ奴らだ!!


進んでいないようで


 実は進んでいます(笑)。胴体にコクピットを組み込んで、コクピット
背後のパーツを組むと「F-1特有の猫背」が見えてきました(笑)。






 で、こんなところもね。


IMGP0842.jpg


 ドラッグシュートを切り離した後だからね...。明日はパイロットの
製作に入ろうかな...。



IMGP0846.jpg


 で、主翼をはめてみて全体像を...。8月には塗装を終了していたい
なぁ...(笑)。

続きを読む »

コクピットどうでしょう


 エデュアルドのパーツとハセガワのパーツの調整も何とか終わりま
した。
 で、昨日はコクピットを胴体に組み込んでみました。

IMGP0838.jpg


 背後から見ると...。

IMGP0839.jpg


 エデュアルド、ハセガワ双方に再現がなかった、レーダースコープの
庇を再現してみました。

 で、グレアシールドとシートを付けてみると...。

IMGP0840.jpg


 こんな按配に...。先日の発言で「モデルアートの秋山仕様を超えたい」
と書いていましたが、それは最終目標。今現在の目標は「コトブキヤ立川
店の作例を越えたいっ!!」ってところです(笑)。全体は無理でも一部は
超えたいですね(爆死)。

やっぱりね...。


 6月に入り、世間では「もうじきワールドカップ」と騒ぎ始めている
今日今頃。スポーツの類には殆ど興味のない私には「へぇ」な事です(笑)。

 さて、そのチケット購入で一悶着あったようです。

***************引用***************

<W杯チケット>「ツアー代金返して」マックス社に殺到

 サッカー・ワールドカップ(W杯)のチケットで再びトラブルが起きた。31日明らかになった東京都内の旅行会社によるチケット付きツアーの突然の中止。「プラチナチケット」と呼ばれ、入手困難なための宿命なのか。開幕まであと8日に迫り、8年前の悪夢がよみがえる。【永井大介】
 トラブルが表面化した「マックスエアサービス」が入る東京都千代田区内のマンション入り口には31日午前10時ごろから、ツアー申込者が訪れ、説明を求めた。6人の社員が対応したが、電話も殺到、回線はパンク状態となった。
 マ社によると、募集したツアーは、日程や観戦試合数などの組み合わせで26種類。中国国際体育旅游公司からチケットを入手予定だったが、30日夕方までに連絡が取れず、入手は困難と判断し、すべてのツアーのキャンセルを決めたという。決定した時点で、1080人分1200枚が申し込んだ状態だった。
 ◇「公司にだまされた」…マ社長が謝罪
 マ社の指田清一社長は31日午後6時から会見した。冒頭、「中国国際体育旅游公司にだまされた。ツアー申請者の期待を裏切ったことを深くおわびしたい」と謝罪した。
 指田社長によると、知人の中国人男性から公司を紹介され、今年1月に3744人分のチケット入手を依頼する契約を結んだ。公司から「チケット代を払ってもらわないと、チケット確保は出来ない」と要求され、申請者の名簿を渡し、チケット代約8000万円を支払った。
 契約には「公司がチケットを取れなかった場合、受け取った金額はマ社に全額返済する」と記されていた。しかし、29日には公司側から「まだ入手できない。あと3日待ってくれ」との話があり、同日夕から連絡が取れなくなったという。
 チケットの入手方法について、公司は「北京五輪があり、各国大使館との間でW杯チケットと五輪チケットを交換する約束が出来ている」と説明していたという。指田社長は「申請者には全額の返済だけでなく、精神的被害の補償も検討したい」と話した。

****************引用終了************
引用先:毎日新聞


 やっぱりというかねぇ...。支那人にまんまと騙されたというか、
支那人なんか信じるからこんな目にあうんだよ...。奴らは日本人を
モロに馬鹿にしているし「日本人から金を騙し取って何が悪い!。騙される
奴が悪い」と思っているからねぇ...(怒)。

 で、その支那国際体育旅遊公司が会見を開いたのですが...。

*****************引用*************


W杯チケット「価格が折り合わず」…中国企業が説明

 【北京=松本浩行】東京の旅行会社「マックスエアサービス」が企画したサッカー・ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の観戦ツアーが、チケットの入手困難を理由に中止された問題で、同社とチケット手配の契約を結んでいた中国国際体育旅遊公司は1日、会見を開き、「マックスエア社と価格交渉が折り合わなかった」などと説明した。

 同公司側によると、マックスエア社からW杯のチケット手配を要請された後、今年4月7日、同社にチケット代金を提示したところ、受け入れなかった。このため、同月18日、既にマックスエア社から支払われていた金を返却する手続きをしたという。

 会見は、同公司の袁暁舸旅行サービスセンター主任が声明文を読み上げる形で行われ、報道陣からの質問を一切受け付けなかった。

**************引用終了**************
引用先:読売新聞

 な、なに??このいい加減で高飛車な態度は!!。4月中に返金手続き
をしていると言ってはいるが、マックスエア社側は受け取っていないと
話が全然食い違っているじゃないのよ(怒)。
 どっちかが嘘をついている事は明々白々。事の成り行きを見守りたい
ってところです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。