スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い冗談か??

 さて、今日は「男たちの大和/YAMATO」を見てきました。映画館で
映画を見るのは「トリック 劇場版」以来かな?(^^;)。
 時間前に職場から「機械がトラブった!」と電話が来たが、運悪くバッテ
リー切れ...。大急ぎで職場へとんぼ返りして復旧して大急ぎで映画館へ。

 2000.いよいよ上映開始だが、いい加減予告編の垂れ流しは辞めて欲
しいなぁ...(--;)。長ったらしい予告編に飽き飽きしてきた頃、やっと本
編がスタート。ネタバレになるので大雑把な内容で...(^^;)。

 物語は現在、2005年から始まります。戦艦大和の沈没地点へ連れてい
って欲しいと枕崎に現れたのは鈴木京香扮する内田真貴子。散々断れ続けて
る中、彼女がかつての上官の娘と知り、連れていくことにしたのは仲代達也
扮する神尾克己。彼らが沈没地点へ向かう途中。神尾の回想として本当の本編
?に入ります。
 海軍特別年少兵として大和に乗り組んだ神尾等を出迎えたのは存在感抜群
の中村獅童扮する内田兵曹と、反町隆史扮する森脇兵曹。激しい訓練の後、
レイテ沖海戦での激戦を経て運命の沖縄特攻へ。
 そして話は現代に戻り内田兵曹の遺言どおり遺骨を沈没地点へ散骨して
話はお終い。

 という具合ですが(詳しくは映画館もしくは後々出るであろうDVDで
見て下さいね(゚-゜)\バキ(^^;))。
 先ずは何と言っても、中村獅童の存在感が他の役者を圧倒していましたね
(^^;)。一応主役?の松山ケンイチ(8chの「1リットルの涙」で亜也
(沢尻エリカ)を振る先輩役)を完全に喰ってましたね(^^;)(彼も役は
好演していたけどねぇ...)。そして以外だったのは反町隆史が結構良い
演技をしていたこと(^^;)。普段「何力んでるんだろうねぇ?」と思ってい
ましたが班長役を自然に演じていたのには驚きました(^^;)。 個人的には
彼ら2人の同年兵役の山田純大が注目株かと...。
 
 さて他へ転じると、同じ大和の最期といえば「連合艦隊」がありますが
そのお陰?で伊藤長官:鶴田浩二 有賀艦長:中谷一郎のイメージが強いの
で奥田瑛二の有賀艦長はちょっと...実際の写真とはイメージが違いすぎ
るんだよなぁ...。渡哲也の伊藤長官は申し分がないけれど、「連合艦隊」
であった出撃前夜の有賀艦長とのやりとり(家族への最後の手紙 少尉候補生
の退艦)も織り込んで欲しかった。そして5航艦の宇垣長官が独断で援護戦闘
機を出撃させるくだりも欲しかったなぁ...(これじゃ尺が長すぎて納まら
ないだろうなぁ(^^;))。

 特撮は...。よくやったねぇ と言いたいけど、「モロにバックが合成
だとバレバレじゃん!」と突っ込みたくなる箇所が結構見受けられました。
 血の池地獄?はその手の場面に弱い人は見ない方が良いでしょう(私は
仕事柄イヤでも慣れちゃいましたから(^^;))。でも「プライベート ライ
アン」のオマハビーチのシーンのようなおぞましさがあれば「本当の地獄絵
図」になるかと...。

 主題歌は...。個人的な主観ですが、長渕剛は嫌いです。って事で宜し
いでしょうか?(゚-゜)\バキ(^^;)。

 さて、前の日記で書いた

「多くの方達が命を懸けて守った日本に、今私達は立っている」

 というメッセージは...
見事にカットされていました(--;)
 他の映画館ではそのメッセージが流れたようですが...(エンドロール
終了後、特攻隊の映像が流れてから出てくるそうです)。

もしかして 立川はプロ市民の根拠地だからなんでしょうかねぇ??(--;)

 だとしたら、何が何でもこのメッセージを見たくなってきたぞぉ(^^;)。
 今週末、北海道へ行くけど見てみようかな?(^^;)。あっ!でも札幌市長
はプロ市民だからダメかぁ??(--;)。


 そして最後の駄目押し!! 「男たちの大和/YAMATO」製作委員会
捏造報道大好き反日報道機関のテレビ朝日と朝日新聞が入っていました(--;)

 これって何かの悪い冗談でしょうか?
 なんだか好きな女の子が実はサヨクだった とかオカマだった とかいう
ような恐ろしいほどタチの悪い冗談みたいです(--;)。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。